匠のコーティング|安達新産業株式会社
サイトマッププライバシーポリシーお取引についてお問い合わせ
高度な光学特性を要求される分野の仕事が得意です!
業務案内事例紹介業界別解決提案会社案内
オプティカルコーティングDLCコートMOSTコートパウダーコーティングコーティング技術最先端技術
トップページ > 事業案内 > オプティカルコーティング (光学薄膜) - 赤外線反射防止膜

赤外線反射防止膜(DLCコート)

赤外用材料はとにかく弱い!(傷に弱い、水に弱い、薬品に弱い)
でも、この常識も弊社の技術で覆す事ができます。それがANIX−DLCコートです。

ANIX−DLC赤外反射防止膜をシリコン基板やゲルマニウム基板にコートすることで優れた赤外線反射防止特性と耐環境特性を得ることができます。

 

DLC(ダイヤモンドライクカーボン)と呼ばれるこの材料はその名前が示すようにダイヤモンドと同じ炭素を主成分としてできています。

また、その化学結合もダイヤモンドと同じ強靭なSP3結合を持ち、その分子構造は平滑性に優れたアモルファス構造です。そのため非常に硬く、また滑り性が良いため高品質の耐磨耗性材料として、機械部品の摺動部分などに使用されています。

この優れた特徴をもつDLCの品質を独自のプラズマ制御技術によりさらに限界まで高め、光学用(赤外線反射防止膜用)に最適化したものがANIX−DLCコートです。
ANIX−DLCをシリコン基板やゲルマニウム基板にコートすることで耐環境性に優れた赤外線反射防止膜を得ることが可能になります。

 

ANIX−DLCコートの特徴

【1】 優れた赤外線透過特性
【2】 高硬度(HV1500)
【3】 耐水性に優れている
【4】 耐薬品性、耐食性に優れている
【5】 耐熱性
【6】 無毒

グラフ:両面DLC反射防止膜コートGeの光学特性

グラフ:両面DLC反射防止膜コートSiの光学特性

グラフ:両面DLC反射防止膜コートSiの光学特性

>>赤外線反射防止膜(DLCコート)に関するお問い合わせはこちら

>> オプティカルコーディング (光学薄膜) 概要に戻る